Skip to content

作者別: admin

口座引き落としの活用

カードローンの中には自分が指定する口座から自動引き落としできるところもあります。口座引き落としがあれば、自分で手続きしなくても自動的に返済できるのでうっかり返済忘れを防ぐことができます。仕事が忙しくてなかなか返済する時間が取れないという人にはお勧めです。ほとんどのカードローンで、どの金融機関の口座でも手続きできるでしょう。

口座引き落としを利用する場合に注意すべきは、返済期日に十分なお金が口座になかった場合です。もし最低返済金額が口座になければ、返済不可となって、滞納扱いにされてしまいます。ですから返済期日前に十分なお金を口座に入れておきましょう。

カードローンの中には返済期日を自分で自由に設定できるところもあります。もし返済期日を自分で決められるのであれば、給料日直後に設定するといいでしょう。そうすれば、口座にお金が残るはずですから口座引き落としができなくなるような事態を回避できます。

ちなみに口座引き落としをする際に、手数料などのコストを負担することは基本的にありません。ただし口座引き落としの場合注意すべきは、通帳にその記録が残ってしまうことです。もし家族に内緒でカードローンを利用するのであれば、家族に見られない自分用の口座を使って取引をしましょう。

ATMでマメに返済

カードローンでは月々決まった期日に決まった金額を返済する約定返済と、いつでも思い立ったときに返済できる随時返済があります。随時返済をする時に役立つのが、ATMを使った返済方法です。大手のカードローン会社を中心として自前以外にも提携ATMでも返済手続きの出来るところも出てきています。提携ATMは金融機関やコンビニATMの利用できるところも見られます。コンビニであれば近くにあるという人も多いでしょうし、24時間営業しているので仕事終わりや出勤前を利用して返済することも可能です。

カードローンを利用する人で、家族に内緒にしている方はいませんか?この場合注意しないといけないのは、郵便物が届かないようにすることです。郵便物で気を付けるべきものに明細書があります。ATMで返済すれば、明細書がその場で発行されるので郵便物が自宅に届きません。つまり家族に知られるリスクが低くなります。

カードローンのATMであれば、手数料無料でATM利用できるものが多いです。ただし提携ATMを利用した場合、数百円の手数料のかかることが多いので気を付けましょう。一部キャッシングサービスの中には、提携ATMでも手数料無料で返済できるところもあります。

外部サイト
キャッシングサービス「NOLOAN」